カビ毒(マイコトキシン)検査キット

h2_elisa.jpg

カビ毒(マイコトキシン)はカビが産生する有毒物質であり、アフラトキシン、デオキシニバレノール、オクラトキシン、パツリン、ゼアラレノン等、300種類以上のカビ毒が存在することが確認されています。
特にアフラトキシンは天然物質として最も強い発がん性を有することで知られており、厚生労働省は食品中の総アフラトキシン(アフラトキシンB1, B2, G1及びG2の総和)について、農林水産省は飼料中のアフラトキシンB1について規制値を設定しています。
検査キットに関するお問い合わせやご注文については、お気軽にご連絡下さい。

アフラトキシン検出用キット (USDA/GIPSA認証製品)

製品名

QuickTox アフラトキシン   (コード:36213001)

価格(税別)

43,000円

製品内容

検出用ストリップ50本、反応容器50個、試料用スポイト50個

検出対象

アフラトキシンB1及びB2 (定性検査)

対象作物

コーン

性能認証

米国農務省穀物管理局(USDA GIPSA)による性能認証を取得しています。

検出原理

ラテラルフロー法(イムノクロマト法)

検出感度

20ppb

本キットは、コーンを粉砕後、所定のメタノールを加え攪拌した後、上層を付属のスポイトで吸い上げ、これを付属チューブに移した後、スティックを浸します。約5分でアフラトキシンB1及びB2を検出します。
工場でのコーン受け入れ時の簡易迅速検査、農場等でのオンサイト迅速検査に使用できます。

検出なしの場合、赤い検出線が2本出ます。
検出の場合には、1本(コントロール用)のみが発色します(写真はクリックで拡大します)。

Aflatoxstrip.jpg

カビ毒(マイコトキシン)検査キット~お問い合わせ/ご注文

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。
ビューローベリタスジャパン株式会社 横浜分析センター
消費財検査部門 食品検査事業部
〒224-0033 横浜市都筑区茅ヶ崎東4-5-17【MAP】
cpsinfo.yok@jp.bureauveritas.com
TEL:045-949-4664 FAX:045-949-4621
*お問い合わせフォームもご利用下さい。