異物検査

button_featurea_s.pngbutton_menu_s.pngbutton_money_s.pngbutton_example_s.png

特徴

原材料や製品中への異物混入は衛生管理上の物理的危害要因となり、取引先や消費者から最も多く発生する苦情の原因になっています。異物に対しては迅速な原因究明と適切な対応が必要となりますが、異物の内容は多岐にわたり、混入状況に適した分析が求められます。どのような検査で対応すればよいのか、まずはご相談ください。

検査メニュー

鉱物性異物(砂、硝子、金属等)

SEM-EDS(走査電子顕微鏡-エネルギー分散型X線分光装置)を用いた元素分析により、検出される元素(炭素、鉄、銅、鉛、アルミニウム、リン、カルシウム等)の構成比率(重量配分率:%)を数値としてご報告します。比較品がある場合、各元素における異物との類似性を確認し、異物と比較品が同一品かどうかを推定します。
また、電子顕微鏡観察により、異物表面の微細構造を確認することも可能です。

樹脂性異物(プラスチック等)

有機化合物を構成する分子の結合はその構造により各々特有の振動をしており、赤外線領域の光に対して特有の吸収を示します。本分析は、試料が有機物の場合に有効で、FT-IR(フーリエ変換赤外分光光度計)を用いて赤外線吸収スペクトルのチャートをもとに異物の物性を調べ、分析装置内のデータベースと照合して類似する物質情報をご報告します。比較品がある場合、各元素における異物との類似性を確認し、異物と比較品が同一品かどうかを推定します(通常、類似度0.9以上で同じ物質と判定します)。

微生物(細菌、真菌)が原因と考えられる異常品

微生物の増殖によって、食品の腐敗・変敗が進み、食品の色が変色したり、ネト(粘質物)が生成されたり、異臭・異味発生の原因となってしまう事例は"広く知られている現象です。その原因微生物の種類は低温細菌、カビ・酵母(真菌)、好気性芽胞菌、クロストリジウム属菌等、様々です。また、包装製品中に微生物(細菌や真菌)が混入した場合、内部に二酸化炭素や水素等のガスを産生し、容器が膨張してしまう事例が報告されています。本分析では、主に実体顕微鏡や生物顕微鏡を用いて、異物や変色の表面状態や混入状態を観察し、必要に応じて適切な培地での培養や16S rRNA等による微生物種の同定を行って、微生物の性状に関する情報や混入過程の推察(可能な場合)をご報告します。

その他(毛、虫、寄生虫、骨等)

"異物が毛、虫、寄生虫等の場合には、光学顕微鏡による形態観察を行い、異物を同定します(異物の損傷度合いや提出状態により、同定が困難な場合もあります)。その他、異物の内容や検査目的に応じて、DNA検査、各種定性検査(燃焼試験、カタラーゼ試験、溶解試験、発泡試験等)、安定同位体比分析等の手法を用いて、異物の原因や由来を調査します。

所要日数と料金

検査項目所要日数
(営業日)
検査料金
(税別)
必要量
(目安)
備考
鉱物性異物(砂、硝子、金属等) 5~7 ¥25,000 SEM-EDS(走査電子顕微鏡-エネルギー分散型X線分光装置)による元素分析
樹脂性異物(プラスチック等) 5~7 ¥25,000 FT-IR(フーリエ変換赤外分光光度計)
微生物(細菌、真菌) 5~7 ¥20,000 生化学的性状試験
微生物同定(追加検査) 5~15 ¥30,000 1菌種あたり
毛、虫、骨、寄生虫等 5~7 ¥20,000 顕微鏡観察
毛、虫、骨、寄生虫等 10 ¥68,000 DNA解析

事例

鉱物性異物(砂、硝子、金属等)

カレーに混入していた骨様異物
冷凍エビに刺さっていた針金の元素分析による種類・性質の推定
水道水から発見された黒色の微小異物
缶詰に混入していた透明結晶様異物
炊飯器に付着していた白色粉末様異物

樹脂性異物(プラスチック等)

豚肉に混入していた半透明のビニール様の異物
かつお節に混入していた繊維様異物
スープに混入していた黒色の微小異物
イカに付着していた膜状異物

微生物(細菌、真菌)が原因と考えられる異常品

豚肉の緑変の原因調査及びDNA解析による真菌の同定
エビの黒変の原因調査及びDNA解析による細菌の同定
膨張した包装食品の原因調査

その他(毛、虫、寄生虫、骨等)

イチゴに混入していた幼虫の同定
→顕微鏡による形態的特徴観察及び図解との比較
異物として混入していた骨の由来生物推定
→DNA検査による動物種特異遺伝子の検定
異物として混入していた毛の動物種推定
→顕微鏡による小皮紋理(キューティクル)や髄質の構造観察
異物として混入していた人の毛髪の由来推定
→国や食生活によって異なる安定同位体比分析の傾向を利用した比較判別
異物の混入時期や加熱状態の推定
→カタラーゼ試験