微生物検査

button_featurea_m.pngbutton_menu_m.pngbutton_money_m.png

特徴

食品の腐敗や変敗、風味や品質の低下は微生物が原因で発生する場合が多く、食中毒の発生を制御して安全な食品を提供するためには、食品取扱事業者による自主的な衛生管理が極めて重要です。ビューローベリタスでは一般生菌数や大腸菌群等の衛生指標菌をはじめ、黄色ブドウ球菌、サルモネラ等の食中毒菌の検査を受託しています。

検査メニュー

検査項目選択時にご参照ください。

推奨検査項目(食品別)
















































O
1
5
7


◎:検査を通常実施する項目
○:検査実施が望ましい項目
△:検体によって検査を実施するほうがよい項目
生鮮魚介類
魚肉練り製品
牛肉・豚肉・鶏肉
食肉製品
卵およびその加工品
野菜
弁当・惣菜・調理パン
豆腐類
牛乳、アイスクリーム等
生菓子

衛生指標菌

食品の安全性と品質を評価するための指標となる一群の微生物群であり、衛生指標菌を調べることで、食品の汚染度合いや病原微生物の有無を推測することができます。
一般生菌数(細菌数) 中温性好気性菌の総数であり、食品の微生物汚染の度合いを評価する最も重要な指標菌です
大腸菌群 環境衛生管理上の汚染指標菌であり、大腸菌だけでなく自然界に広く存在する類似菌も含みます
大腸菌(E.coli) 糞便汚染の指標菌であり、検出された場合は腸管系の病原菌による汚染の可能性が示唆されます
カビ数 一般的に湿度の高い時期に発生しやすいが、穀類や乾燥食品で繁殖する乾燥に強いカビもいます
酵母数 環境中に広く存在し、密封した食品に混入すると、発酵して膨張を引き起こす原因となります
好気性芽胞菌
(耐熱性菌数)
芽胞(硬い殻状構造)形成菌で熱や乾燥に強く、穀類、豆類、香辛料、野菜等に多く存在します

食中毒菌

食中毒を引き起こす原因微生物であり、微量の菌数でも感染型食中毒を発症することがあります。
黄色ブドウ球菌 手の傷口に多く存在しており、手作業で食品に直接接触すると食中毒が発生する原因となります
サルモネラ 加熱不足の卵・肉・魚料理が原因になりやすく、ペットの糞から感染する場合もあります
腸管出血性大腸菌O157 加熱不足の肉が原因になりやすく、ベロ毒素を産生して重篤な症状を引き起こします
セレウス菌 嘔吐型と下痢型の2つがあり、日本で多い嘔吐型はピラフやスパゲティが原因になりやすいです
腸炎ビブリオ 生の魚介類(刺身や寿司)が原因になりやすく、夏場に多く発生します
カンピロバクター 加熱不足の鶏肉や未殺菌の井戸水が原因になりやすく、最も食中毒が発生しやすい菌の1つです

所要日数と料金

検査項目所要日数
(営業日)
検査料金
(税別)
必要量
(目安)
備考
一般生菌数(細菌数) ¥2,500 50g以上 ★6月のキャンペーン対象サービス
大腸菌群 2~7 ¥3,000 50g以上
大腸菌(E.coli) 2~7 ¥3,000 50g以上
黄色ブドウ球菌 3~4 ¥3,000 50g以上
腸炎ビブリオ 3~6 ¥3,000 50g以上
サルモネラ 4~8 ¥4,000 50g以上
カンピロバクター 5~8 ¥6,000 50g以上
セレウス菌 3~6 ¥3,000 50g以上
嫌気性菌 ¥4,000 50g以上
好気性芽胞菌(耐熱性菌数) ¥3,000 50g以上
嫌気性芽胞菌(クロストリジウム) ¥6,000 50g以上
ウェルシュ菌 3~8 ¥6,000 50g以上
無菌試験 17 ¥6,000 1包装 対象:容器包装詰加圧加熱殺菌食品
腸管出血性大腸菌(ベロ毒素産生菌) 3~8 ¥6,000 50g以上
腸管出血性大腸菌O-157 3~8 ¥4,000 50g以上
真菌数(カビ・酵母) ¥3,000 50g以上
カビ数 ¥3,000 50g以上
酵母数 ¥3,000 50g以上
乳酸菌数 ¥3,000 50g以上
低温細菌数 4または11 ¥3,000 50g以上
リステリア菌 3~8 ¥6,000 50g以上
細菌同定(同定キット) 4~ ¥5,000
細菌同定(PCR法) 8~ ¥30,000
カビ同定(PCR法) 8~ ¥30,000