食肉 食味構成要素分析

button_featurea_s.pngbutton_menu_s.pngbutton_money_s.pngbutton_example_s.png

特徴

ビューローベリタス独自の蓄積データベース(肉類)との比較により、市販製品における自社製品の位置づけの把握が可能となります。

検査メニュー

食肉 食味構成要素パッケージ分析、遊離アミノ酸等24種一斉分析、ペプチド構成アミノ酸総量、脂肪酸組成、脂肪融点、食感、ジューシーさ、食肉食感総合分析、分析結果対比評価報告書作成

その他の食肉関連サービス:畜産物・魚介類DNA識別検査肉種判別検査

所要日数と料金

検査項目所要日数
(営業日)
検査料金
(税別)
必要量(注3)
(目安)
備考
  • 通常、牛肉はサーロイン部位、豚肉はロース部位、鶏肉はムネもしくはモモの部位を検査します。
  • 検体が冷凍品の場合、解凍方法をご指示ください。特にご指示のない場合は、こちらで判断させていただきます。
  • 必要量は測定部位、肉の厚み、赤身や脂身の比率等によって変動する場合があります。
  • 上記分析以外にも、味覚センサーによる味分析や、パネラーによる官能評価サービスも受託しております。
食肉 食味構成要素パッケージ 10 \85,000 1kg以上 以下6項目のセット分析
遊離アミノ酸等24種一斉 10 \40,000
ペプチド構成アミノ酸総量 10 \15,000
脂肪酸組成 10 \17,000
脂肪融点 5 \8,000 上昇融点法
食感 5 \15,000 破断応力(硬さ)/柔軟性/噛みごたえ/もろさ
ジューシーさ 5 \15,000 水分/加圧保水力/伸展率/加熱損失/圧搾肉汁率
食肉食感総合 5 \25,000 500g以上 「食感」と「ジューシーさ」のセット分析
分析結果対比評価報告書作成 - \5,000~ 弊社保有データベースとの対比評価や検体間の対比評価

事例