ニュース

〔ニュースレター〕食品添加物について(Business Vision 10 june 2019)

投稿日:

デパートの地下、スーパーマーケット、コンビンエンスストアなどで、日常購入している食品に含まれる食品添加物は、食品を保存・加工・調理するのに不可欠なものです。日本で、化学的に作られたものが食品添加物として使われるようになったのは、明治時代からです。 第二次大戦後の混乱も収まり始めた昭和22(1947)年に『食品衛生法』が制定され、食品や食品添加物、関連器具、容器などについていろいろな衛生上の法規が整備されましたが、化学的に合成した食品添加物は、原則として使用禁止でした。平成7(1995)年に食品衛生法が改正され、天然添加物も化学的に合成されたものも、国で許可したものだけが使えるように改められました。 現在、食品添加物の使用許可は、どのような形でされているのでしょうか?

→ この記事を読む